〔保育理念(事業運営方針)〕

子ども一人ひとりを尊重し、心身とも健やかに育成されるよう支援することを目的とする。

 

〔沿革〕

広江地区は水島工業地帯に近く、多数の企業団地の建設予定があった。各種産業の膨張に比例して、共働きで働く家庭が増えるため、市役所関係者、地区民の賛同のもと、昭和44年5月に定員60名で弘恵保育園開園となる。

昭和48年定員80名にて増設工事を行う。

昭和49年1月定員を150名とする。

園児増加で昭和51年4月定員180名とする。

昭和57年頃より園児減少が目立ち、昭和58年4月定員を150名となる。

昭和59年4月定員120名となる。

昭和60年4月定員90名となる。

平成4年頃より園児増加が目立ち始め、平成5年4月定員120名となる。

平成15年4月定員150名となる。

平成20年4月定員180名となる。

平成27年4月定員190名となる。

平成28年4月倉敷市第三福田保育園(定員90名)を民間委託される。

 

弘恵保育園ホームページ(外部リンク)